Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

AUの新型スマートフォンIS01(続き)

2010年03月30日


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100330/346416/
なんとセカイカメラ搭載!通話はハンズフリーかBluetooth推奨…って電話じゃないじゃん!
何ッ「スマートブック」だって?要はシグマリとかザウルスの系譜なのか!
ようやくスマートフォンに手を出すと思ったらいきなりこれか、すげえなAU。まさにガラパゴス状態!狂ってやがる、最高だ!
ここまでヘンテコなAndroid携帯って他にないような気がするので、はやく現物が見たい。
キーボードの使い勝手によっては、確かに長年後継者がいなかったシグマリの座を狙えるかもな。
ガンダムで言うとアッザムの座あたりみたいな感じだが。


AUの新型スマートフォンIS01

2010年03月30日

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2010/0330c/besshi.html
おおおお!フルキーつき5インチ!すげえぞAU、絶対勝てそうにないこの変態風味!
android2.0対応?もあってちょっと惹かれる!


非実在子供手当て

2010年03月11日

これだ!このコラボなら勝てる(何に)


隆慶一郎の受洗

2009年10月25日

隆慶一郎が死の直前に受洗したんだそうな。
師である小林秀雄がそうしたから、それに倣ったんだそうな。
よくわからないような、反面すごくよくわかるような、難しい話だ。
「死ぬことと見つけたり」の天草四郎もよくわからんかったが、
詰まるところは舶来のオーナメントとして考えたのだろうか。
それともブルーレイ見たさにPS3買うようなもんだったのかしら。


ibookG4が死んだときにオレの心も死んだんだ。

2009年10月01日

オレはもうメキシコに行ってプリキュアになるしかない。


崖の上のポニョ(地獄編)

2009年07月10日

さらにそういえば、海賊ギルドの殺し屋クリスタルボーイの声が、次元大介なのが昔から気になる。
連載当時は、ああいうドスのきいた声じゃなしに、もっと冷徹で神経質な、マ・クベみたいな声をイメージしていたんだけど。
30年くらい、自分の心の奥底にしまいこんで、誰にも言えなかったことが今言えてすっきりした。
もうポニョ関係ないけど。



ドクロ購入

2008年10月12日

ついに念願のドクロを購入した。
ハロウィン用の、LEDで目が光るオモチャだが、素直な造形で気に入った。
以前から作画参考用に欲しかったのだ。
こういうの、マンガっぽいものとか、超リアルで高いのはあるけど、なかなか手頃なのがないのよ。
というか、相当モールドを甘くしてるけど、これ実物を型どりしたものじゃなかろうか。妙にバランスに隙がないし、普通眼窩上孔とかわざわざ作り込まんだろう。
メイドインチャイナだしな。リアリティの追求とかじゃなしに「そこらへんから拾ってくれば原型つくんなくていいじゃん!」とかやってそうで怖い。
安っぽくパカパカ目が光るのが、またマヌケで怖い。


森の唯一神

2008年08月29日

日本人にとっての唯一神というのが、最近また気になる。
砂漠で見るのでなく、わざわざ森で唯一神を見たがるというところに、「日本語ロック」のような歪みと憧憬を感じる。
ここに踏み込んだ作品というのはほとんどない。
無自覚にやってたのが「天使のたまご」あたりだろうか。
あの天下一流のこっ恥ずかしさは今振り返ると貴重だ。
ケツァルコアトルとテスカトリポカの相克の中にそういったものを描けると面白いのだが、今のところそれどころじゃないな。