Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

せっかく近所におられるので、すがやみつる先生のこと

2008年07月04日

すがやみつる先生のブログ
で、67年当時の、マンガ界のレア情報が読める。
松本零士がサラっと描いた零戦なんてはじめて見る。すげえ。やっぱマジでうまいな。
せっかくの機会なので、こっちは78年当時のすがや先生の印象など書いてみる。
いちおうコロコロ直撃世代なので、あらしも「ブロック崩し」の第一回からリアルタイムで読んでたのでな。
当時のすがや先生というと、個人的には「真田十勇士」のコミカライズに強烈なインパクトがあった。
ゴディバ夫人よろしく全裸で馬にまたがる美少女の、NHK絡みとも思えないセンセーショナルなカットが未だに忘れられない。
全体的に石森直系で、さらにスパイスを効かせた絵という印象があって、「あらし」の第一話も鮮烈だった。
だがやっぱりなんと言っても「オレにピアノを教えてくれえっ!」の第二話だろう。
だって後楽園でインベーダーだぜ。
これは書いておくが、当時人気のインベーダーを題材にしたマンガというのは別に「あらし」だけだったわけではなく、他にも今道英治先生の「インベーダー殺し」とかいろいろあったわけだ。
「中央突破作戦」とか燃えたな。
ただ「あらし」が当時ズバ抜けていたのは、今日語られる特異なキャラ立ちとかぶっ飛んだ演出とか以上に、まず「デジタル描写の説得力」であったように思う。
当時、他のゲーム漫画のドット絵が、いかにもなマンガ絵に変換されていたり、あるいは適当なフリーハンド手描きだったのに対し、あくまで精密なドットバイドットで描き起こされ、整然と編隊を組んだ「あらし」のインベーダー描写は、そりゃもう今で言うハイエンドCG的なインパクトがあったのだ。
もちろん当時CGがあるわけはないので、おそらく根性でコピー&切り貼りしたのだと思うけれど、当時「あらし」の熱狂的な人気の根底は、そこらへんの「ちゃんとわかってる」リアリティにこそあったように思うのだ。
さとるの家に置いてあるインベーダーが、よりにもよってバンダイの「ミサイルインベーダー」のキャラを、アーケード筐体用にちゃんと描き起こしているところなんて子供ながらに感動したものだ。
せっかくの機会なのでトラックバックのテストを兼ねて質問ですが、実際の所、あのドット絵はどうやって起こしてたんでしょうかね。すがや先生。
あれだけで結構な手間だったと思うんですが。