Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

崖の上のポニョ

2009年07月07日

ツタヤで借りられたので久々に見た。
何度見てもすげえ話だ。筋が本当にムチャクチャで、まるで他人の夢を見ているような奇怪な展開に、だんだんトリップしてくる。
でも、宗助がズボンの裾をまくって水の中に入ってくシーンとか、トキ婆さんがポニョに水を吹きかけられて泣き出すシーンとか、特に宗助が溺れかけて、リサが着てるものが濡れるのをまったく構わず海の中に飛び込むカットとか、何度見ても涙がこぼれる。
まるでバビロニアの楔形文字とか、モチェの土器を見るような、不思議な感動がある。
すでに滅びてしまい、今となっては用途すらよくわからないんだけど、とても大事なものだった、ということだけは見て取れる、何か美しいモノの欠片を目の当たりにしているような気がするのだ。
多分これからも、すばらしいアニメ映画はいくらでも生まれるだろうけど、このポニョみたいなのは、もう誰にも作れないかもしんない。
ちなみに、水のグネグネした動きと、ゆがんだ目のディティールに、オレの大好きなエストニアのアニメ、「ビッグ・ティル」

の影響を感じるのだけどこれは偶然かしらん(いつもいろいろ送って下さるエストニアのNさん、ありがとう)

(なんとニコニコで見られる!時代は進んだもんだ)