Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

秋葉原ラホールのカレー

2009年12月29日

もうどれくらい昔からになるかしらん。アキバに行くとつい食べてしまうカレー屋。
とろみのほとんどないシャバシャバ系にジャガイモ入り。
たいていカツか唐揚げの乗せたのを「サンカラ」(インディ・ジョーンズ魔宮の伝説に出てくる聖なる石のこと)でいただく。
大変クセのある味で、最初食べたときは二度と行くもんかと思ったが、気がつくと足が向いてしまうという、まさに魔の味。
最近はとうとう味平ばりの「ブラックカレー」までが登場した。
人を選ぶと思うけど、よかったら話の種にどうぞ。
一時はゴーゴーもハマったけど、すっかり流行って方々にできちゃったしな。


アバター(IMAX3D版)

2009年12月27日

IMAXが川崎にできたので試しに見に行った。
混み混み。
そんなにIMAXが好きならもっと新宿や品川に行ってやればよかったのに。
画面はなんだか狭いけど、今となってはもう見られるだけ恩の字。
アバターの方は、一言。もう凄い。
2時間40分の立体映画なんて生まれて初めて見た。
映像も端から端までアホみたいに凝ってるし、もうとことんお腹いっぱい。
うな重の上にステーキとフォアグラが乗ってる感じ。
指輪物語の、あの「とにかく全部入り」なノリを思い出した。やっぱ肉食ってる奴らは違う。おみそれしやした。
内容からすると、いかにも今日のアメリカ的なメンタリティ(エコとかニューエイジもかじってみたけど、根っこはやっぱ西部劇大好き)が炸裂しまくりで、あの星、主人公のヒロイズムのせいで今後余計にヤバくなるんじゃないかと思うんだけど、そんな事もうどうでもいい。
異星巨獣とナイフでやりあうパワードスーツとかが見られるんだから細かいことは言わない。いいぞキャメロン!考えるな!もっとやれ!
まさに家で見ても意味がない映画なので、見られる人は是非今のうちに見るナリ。


CCPの投げ売りラジコンヘリ

2009年12月18日


最近ドンキとかで投げ売り状態のCCP製ラジコンヘリが個人的に熱い。
特に500円で入手したこの「スカイアーマー」がたまらん。
http://www.ccp-jp.com/skyarmor/index.html
見ての通り、マベリックと合体したダグラムみたいなロボタイプで、本体はモロに人形然とした発泡スチロールだが、デザインと造形がなかなかいい。やはりあきばおーとかで叩き売り中な有線版「エアボッツ」に比べると、性能面も含めてかなり見栄えがする。
ツインローターのおかげか、わりに安定して飛ぶのもびっくり。
すっかりハマったので他にも買う。やはり72%OFFの「レーダーアタック」と「ハイパータンデムDX 」。どっちも1980円
攻撃ターゲット付きの「レーダーアタック」が、かなり楽しい。本格的な3chの「ハイパータンデムDX 」も、難しいけど雰囲気抜群。
しかし意外だったのは、500円の「スカイアーマー」が一番操作性がいいということ。個体差もあるんだろうけど得した気分。
さすがに安くしすぎたのか、今は3000円前後みたいだけど、いいよコレ。
こないだ賞を取ったとかの「ミッションキャリアーSWAT」も気になる。


ヤマト復活篇

2009年12月15日

いろいろありすぎるヤマト復活篇だけど、ちゃんと公開までこぎつけたみたい。
これだけですごい。もう細かいこととかどうでもいい。継続することに価値がある感じ。
肝心のメカが2520ばりの作画だともっとすごいんだけど、CGがどれくらいのデキなのかしら。
とりあえず入手したタイトーのプライズ版はなかなかイイ感じで、バランスはポピニカ版よりも好みかもしんない。
波動砲まわりが角張っているのが今回の特徴だなあ。


「一夢庵風流記」の傾奇者ディレクター

2009年12月08日

おなじみ隆慶一郎「一夢庵風流記」の冒頭に、傾奇者の見本のようなTVディレクターの話が登場する。
終盤登場する山上道及も、たぶんこのディレクター氏のイメージではないかと思うのだが、これがいったい誰のことなのか、前か気になっていた。
ちょっと調べて、ひょっとして山内鉄也のことではないかと思ったのだがどうだろう。
当時脚本で参加していた水戸黄門の縁という感じで。
実はすでに判明しているネタとかなら、ぜひ真相が知りたいものだ。


Google日本語入力すげえ

2009年12月04日

沙羅曼蛇
魂斗羅
聖闘士星矢
弼馬温
通臂公
無支奇
視肉
開明獣