Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

AUの新型スマートフォンIS01(続き)

2010年03月30日


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100330/346416/
なんとセカイカメラ搭載!通話はハンズフリーかBluetooth推奨…って電話じゃないじゃん!
何ッ「スマートブック」だって?要はシグマリとかザウルスの系譜なのか!
ようやくスマートフォンに手を出すと思ったらいきなりこれか、すげえなAU。まさにガラパゴス状態!狂ってやがる、最高だ!
ここまでヘンテコなAndroid携帯って他にないような気がするので、はやく現物が見たい。
キーボードの使い勝手によっては、確かに長年後継者がいなかったシグマリの座を狙えるかもな。
ガンダムで言うとアッザムの座あたりみたいな感じだが。


AUの新型スマートフォンIS01

2010年03月30日

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2010/0330c/besshi.html
おおおお!フルキーつき5インチ!すげえぞAU、絶対勝てそうにないこの変態風味!
android2.0対応?もあってちょっと惹かれる!


ヤン坊マー坊オフィシャルブック 厳選50作品収録DVDつき

2010年03月30日


いやもう見た瞬間にこれは買うだろう。中身の善し悪しなんか関係ないレベルの即買いアイテム。
CM50本が入ったDVDだけでも購入の価値はアリアリ。
これがご想像の通り、最初から最後までずーっと「ぼくの名前はヤン坊〜ぼくの名前はマー坊〜」が果てしなくループする地獄のフルコース。聞いてるうちに畑もないのに耕耘機が買いたくなる強烈な洗脳効果がもう最高。
何度かキャラクターがリニューアルされているのは知っていたが、まさか最初からすーっと同一デザイナー(中邨靖夫さん)の手になるものとは思わなんだ。半世紀を通じて時代に即したテイストをきちんと盛り込んでいるのが凄すぎる。
(だって森やすじが今のプリキュアのキャラデザやってるようなもんだぜ)
実はこの50本どころの騒ぎじゃなくって、実は全部で200本以上もシリーズがあるそうなので、ぜひ次回コンプリートバージョンの発売を求む!


VH7PC

2010年03月27日


知る人ぞ知る叩き売り名機。
今ではオンキヨーブランドとなったソーテックが、まだイケイケだったころにケンウッドと組んで作ったっぽいPC接続用ミニコンポ。一時は舞の海とかCMに出てていろんな意味ですごかったなあ。
作りすぎたらしくて、本来4万とかするものが9800円で叩き売られていたのが今から8年近く前。
今はなきアキバのザコンでゲットして以来ずーっと愛用していたのだが、さすがにそろそろヘタってきた。光デジタル入力がないのも困る。
買い替えにイマドキの機種はどうかと調べてみたら、なかなかピンとこない。
なにしろ元が激安9800円だったので、たいていの機種はコストパフォーマンスで敵わない。
この値段だとPCスピーカの中の下くらいしか買えず、腐ってもコンポのVH7PCに比べるといかにもショボいのだ。
どうせ聴いてるのはMP3のゲームミュージックとかなので、正直音なんてどうでもいい。こんなもんに5万とか払うのもイヤだ。安くて見栄えだけそこそこな代替機はないじゃろうか。


トルネ覚え書き

2010年03月25日

トルネを使用してみての覚え書き追加

①USBポートを一つ占有するのだが、これはバスパワーのハブ経由でも可能。
PS3はUSBポートの数が足りないし、あまり配線でゴチャゴチャになるのもイヤなので助かった。
②ハードディスクは、PC用絶賛叩き売りのもので流用可。
ゲーム売り場では、専用のものが結構な値段するようだけど、普通にPC用のバッファロー1Tのものがあっさり認識。ただ1.5Tではダメだったという情報もあるので、あまりこの話を鵜呑みにせずある程度調べといた方がいいかも。
③リモートプレイでのPSPとの連携が無敵。
リモートプレイでテレビ放送と録画が見られるのだが、これがもう最高。これまで寝床ではワンセグのビエラだったんだけど、やっぱ画質が全然違う。PSPが俄然使えるようになったカンジ。このためだけでも買う価値あるかも。
④PSPへの書き出しはそれなり。
一方、書き出しは結構時間がかかって、使い勝手はそれなり。エンコードやり直すから仕方ないのだけど、以前から使っていたDiga>ビエラとかでは、指定しておけばあらかじめワンセグでも別に撮っておいてくれるので書き出し爆速だったり。これならわざわざ持ち出して見ないかなあという気がする。まあ、お外でビエラ、おうちでPSPという使い分けが可能か。
それともなにか設定を見落としているのか?
⑤番組表激速
これは評判通り。PSコンで操作できるのも直感的ですばらしい。検索でアニメやドキュメンタリーをザクザク登録して録画できる。


つーわけでかなり気に入った!


トルネ使えるね

2010年03月20日

ハードディスクはそこらへんのヤマダで1テラをサクっと増設。
PSPと連携すると笑っちゃうくらい便利。PS3がはじめて世の役に立ってる感じが!
見るからに遠からず本体に内蔵されてBSやCSにも対応するんだろうけど、とりあえず買っといてソンはないわー。


トルネ無事入手

2010年03月19日

ジャスコのおもちゃ売り場で予約しといたオレ勝ち組www
異端の発想っ…!白昼の死角っ…!
いや繋ぐのメンドくさくて開封してないんだけどな。


浜田よしかづのコミスタ漫画の作業工程

2010年03月18日

ニコ動とYoutubeでデジタルマンガの参考資料を探していて発見。
http://www.youtube.com/watch?v=741L_mmrNoo
ほかにも山ほどあるけど、デジタルコミック関係の人はとりあえず見てみそ。
なんか寺田克也を初めて見た時と同じような、「デジタル画材使い」っぷりに衝撃を受けたザマス。
コミスタが出てきたときに、いずれペインター同様、これに最適化された作家が出てくるだろうとは思ったけど、こ、こんな奴と同じ土俵で戦うハメになったら2秒で死ねる。
しかも、こうした動画がすでに出回ってる以上、同じテクを使いこなすフォロワーが今後100人単位で現れることは必定。
いずれこれくらいがスタンダードにすらなりかねない。
おかげで3Dワークスペースとパース定規の有用性がはじめてわかった。
コミスタ自体は独自仕様が肌にあわないから、INTUOSのオマケでもらったイラスタでやってるんだけど、あんまりかわらんというか、グレースケール主体でやっている人ならむしろイラストの方がいいんじゃなかんべか。
画像は猫ペイントのらくがき。描き味はあいかわらずこっちが捨てがたい。


小松崎茂 SFメカニックファンタジー

2010年03月15日


「メカニックファンタジー」は、82年に集英社から出て、中学生だったオレに衝撃を与えた一書である。
当時67歳の小松崎茂による全編描き下ろしな未来予想図という、執念すら感じさせる渾身の作。
宇宙船がスペースシャトルやスターデストロイヤーを、鎧武者風のジャイアントロボットがガンダムを、ソーラーシティを走る未来カーがカウンタックを思わせるセンスにグッと来る、理解できるやつはどれだけいるだろうか。
だんだんごっちゃにされつつあるけど、本来小松崎茂は、こういった80年代的アイコンからさらに20年は古い作家なのだ。なんたる貪欲さかと思う。
今も生きてたら東方とかミクとかも取り入れてたに違いない。
当時2800円が捻出できずに買い逃し、以来入手するまでに20年以上かかり、いまやプレミアがついて10000円以上とかなのだが、実は最近ラピュータから復刊されている。こっちは3990円
両方持っている奴は少ないだろうからレビューすると
●判型が若干大きく、カバーもついているが、逆に本自体の表紙は黒一色となった。
●図版の一部や絵物語、松本零士の献辞とかがなくなって、かわりに雑誌挿絵など旧作からの再録が増えた。
●ジャイアントロボットの装甲宇宙服設定画など、これまでになかった図版も数点ある。
(想像に過ぎないが、多分これが先生なりの当時流行巨大ロボット&パワードスーツへのアプローチなのだろう)
●印刷の精度は上がっているので、旧版で飛んでいる筆致のディティールがよく拝める。コントラストも旧版ほどに極端でない。
●しかし残念ながら、保存の問題で仕方ないのだろう。一部原稿では紙に茶色のシミが見られるようになってしまった。
…というわけで、旧版を持っている人にとっては悩みどころなのだが、やはりマニアなら買っておくべきかと。


アラビアン・アニソンの魅力

2010年03月12日

「アラビアン・アニソン」というのがあって(オレがさっき作ったんだけど)
皆さんはもうその魅力にお気づきだろうか?
要するにアラビア圏に輸出された際、現地の好みによって妙なアレンジや、オリジナル主題歌を加えられてしまったアニメのOP曲のことだ。

たとえば
「アラビアン三国志」
http://www.youtube.com/watch?v=qbMbM3ATeZA
もはやどこの国の話だかさっぱりわからなくなるようなナイス主題歌。サラディンとか出てきそうで最高。
さらに

「アラビアン小公女セーラ」
http://www.youtube.com/watch?v=ywwFuGZrlcc
やっとミンチン&ラビニアの毒牙から逃れたと思ったら、今度はモロッコの奴隷商人に売られてそうなセーラの新たな苦難が勝手に思い浮かぶ逸品となっている。

きわめつけが
「アラビアの少女ハイジ」
http://www.youtube.com/watch?v=hzPfk9LbdM8
チーズの代わりにカレー食ってそうなハイジ。あきらかにアルプスとは違う国に行ってます。

探せばまだまだ他にもあると思うので、どうか皆さんも秋の夜長を活用し、この異次元感覚に溢れたアラビアン・アニソンの新たな魅力を探求してみて欲しい。
今3月だけどな。


非実在子供手当て

2010年03月11日

これだ!このコラボなら勝てる(何に)


富野デザイン魔性の魅力

2010年03月10日

ジオングとかビグザムとかブラウブロとか、まじめに戦争やってるとも思えない気の狂ったデザインが好きだ。
デザインクリンナップ以前に、富野カントクがじきじきにラフを描いていたらしく、残されたそれを見ると異様なセンスと野放図さにあきれる。
「量産された暁には」って、あんなもん量産する軍隊には絶対に入りたくない。負けるに決まってる。
ガンダムの魅力ったらあれだろう。
なんでこんな話を書くかというと、こないだアキバでプライズが安く売ってたので、ソフビのジオングを買ったのだ。
ガンダムに金を落とすのはいつ以来かと思いつつ、これがよくできててビックリ。
けどスマートすぎてどうも気に入らない。特に頭が小さすぎて富野デザインの魔性が足りないのだ。もっとなんかゲテモノ感が欲しいッ!
再びアキバで首だけ別のを買ってくる。「ジオニック アイズ Ⅱ」とか言って、電池で目が光る生首だけ売ってるのだ。
スケールが全然ちがう気がするんだけど、すげ替えてみるとこれがピッタリ。
(おまえがそう思うならそうなんだろう)

これだッ!この「ええ!なにこれ!」感がオレのジオングなんだッ!
すっかりヘンテコガンダム熱が高まったその勢いで「シャア大使」とか描いてみたのが先日の次第である。
もう飽きてきちゃったけど、このジオングどうしよう。


非常食への憧れ

2010年03月07日

非常食のたぐいが好きだ。
非日常のロマンがいい。
本当に食べる必要に迫られたらロマンどころではないと思うが。
昔子供向けののりもの図鑑に載っていた、「三日分の非常食を積みこんだ救命ボート」の写真を飽きずに眺めていた。
「1984年」の「勝利ジン」とかインダストリアの合成パン、AKIRAの人工サンマとかも好きでたまらん。
前はよく期限切れのMREとかわざわざ取り寄せて食ってたけど、あれも溶けて固まったキャンディーとか、使い物にならない加熱用パックとかギリギリな感じが実によかった。特に、付属のなんてことないプラ製スプーンの感じが実によくて、あれだけ売ってくれないかと本気で思ったくらい。
その後なんかブームになっちゃったせいもあって急速に興味を失ったのだけど、最近デフレの影響か、スーパーの食品がコストを限界まで切り詰め、どんどん非常食じみてきたのが楽しくてたまらん。「トップバリュ」とか「グレートバリュー」とか言って
「低脂肪牛乳98円」とか
「カップ麺中身だけ10個500円」とか
「ステーキ肉グラム98円さらに半額」とか
そりゃ無茶だろうというギリギリチューニングがもう最高。
ちょっと高めのワインに合わせると、気が狂っててさらによし。
いまさら食費をケチる必要のない人も、インフレに転じる前の思い出に、ぜひ食っとくことをオススメ!


孤独のグルメ新作

2010年03月04日

今週号のSPA!で孤独のグルメの新作が読める。
相変わらずの壮絶な絵。すげえ。こんな背景どうやって描くんだろう。
お題はペルー料理、信濃町にあるらしい。
昔蒲田にあったベンボスを思い出す。また食いに行ってみるか。
「マチュピチュで高山病になりかける」というのはどうかと思うけど。
(普通マチュピチュへはリマからクスコ経由で行くんだけど
実はマチュピチュの方がクスコより標高は低い。
だからクスコで高山病になることはあっても、マチュピチュに
移動すると、かえって症状が治まる人が多いと思う)
地面に絵でも描いてないとやってられないような、あの荒涼とした海っぺりで、またセビチェとか食べたい。
魚貝の味もさりながら、つけあわせに出てくる粒のでっかいトウモロコシがいいのだ。


スージー・フェノメノン(現象)

2010年03月03日

最近若い女が、おなかにでっかいハートの付いた妙な熊を身に着けていると思うが、あれはスージー・ズーというシリーズらしい。
アメリカ人のスージーというおばはんが昔作ったキャラなのだが、突然日本でブレイクしたのだ。
もっともスージーおばはんとしては、あのハート熊は脇役で、脇にいるパッとしないヒヨコみたいなのが主役のつもりだったらしい。
なので、雑誌のインタビューとかではいつも困惑気味の表情を浮かべている。
商売になったからいいんだけどたぶん本心では
「日本人のド畜生がッ!なぜにあの愛らしい黄色いヒヨコをあえてメインにチョイスするわらわのセンスを理解しようとはせぬのじゃ!死ね死ね死ぬがよいホホホホッ!」
とか思っているのではないだろうか。
たとえるならば、メキシコでなぜかスネ夫が大ブレイクしてるみたいなニュアンスだろうか。
「わからないではないんだけど釈然としない」この歯がゆいニュアンスについて、私はスージー・フェノメノン(現象)と命名したい。
昔からフランスでグレンダイザーとか、フィリピンでボルテスVとか、ハワイでキカイダーとか、
日本人からすると首をかしげる半端なチョイスのブームが海外で起こることがあるけど、ああいうのがすべてスージー・フェノメノンである。
また「わからないしあえてわかりたくもない」ニュアンスについてはヨーコ・フェノメノン(現象)と命名したい。
こっちは実例を特に挙げないけど。