Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

第9地区

2010年05月18日

そういや見た。
面白かった。やっぱ舞台を「南アフリカ」にしたのが勝因だろう。
この設定一つが七難隠している。立派。
すでにして何でもありな異世界として知れ渡っている場所なので、街の上空に宇宙船が浮かんでても、下で宇宙人がスラム作って猫缶食べてても、
「ああ、こういう国って大変なんだなあ」としか思えないという。
だんだん「現代アフリカの苦悩」から「狂い咲きサンダーロード」みたいな世界になっていくんだけど、それもなんだか納得できてしまうというフシギ。
ピーター・ジャクソンが絡んでるだけあって映像的にもそれなりの見ごたえがあり、低予算っぽいメロメロな感じはナシ。反重力で浮かぶ司令船とか、ラストのパワードスーツ戦とかよくできてます。
ドキュメンタリータッチということで、「クローバーフィールド」ばりの手持ち船酔いカメラだということだけ注意かな。