Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

ipad個人的印象

2010年06月05日

wifiの64Gを買った。
届くまでには色々とドキドキしたが、意外と普通に届いていた。
専用ケース、ドック、カメラ接続キットをあわせて購入。
いろいろいじくりまわしたので個人的印象など。
まず、みんな知っていたのかもしれんが、専用ケースをハメるとドックに刺さらない!
(ケース自体は質感もよく、ナカナカなのだが)
蓋の部分を後ろに折りたたむとスタンドにもなるというフレコミだったけど、横はともかく、縦は安定が悪いかも。
タッチすると特にユラユラして怖い。完全にプレゼンだけ用かな。
指紋はやはり目立つ、フィルムは必須だと思う。
んで、サイズが大きいだけあって、ホコリや気泡がどうしてもフィルムに入りやすいようだ。
ただ、指紋もホコリも、電源を入れればそれほど気にならないレベル。
細かいことだがUSBの充電が普通できない。
普通、というのは最新のMacならできる、と書いてるからだが、春に買い足したMacminiに、セルフパワーのUSBハブを介してできないところを見ると
よっぽど最新のモデルか、あるいは本体直結でないと無理なんだろう。
大きな電池を効率よく充電するため、普通のUSBでは足りないくらいのエレキが必要らしい。
ACアダプタの充電と、USBの同期を別に考えなきゃいけないのは面倒。専用のケーブルとか出ないかな。
もっとも、おかげで寿命の長さには大満足。普段使いではバッテリーを気にせずに済むのはいい。
中身については、百聞一見というか、とにかくまず見て触ることをオススメする。
まったくもって「ただの大きいiphone」なんだけど、それなりに重いけど、電子出版だって全然使いモノになってないんだけど、
居間に寝転がっていじりまわしてるうちに
「なんでこれがいままで居間になかったんだろう」
と思うくらいのしっくり具合。
このipadがそうなるかどうかは知らんが、遠からず家庭の居間には必ず「こうしたデバイス」が置かれるような確信が生まれてくる。
食卓の新聞というか、テレビのリモコンというか、カレーの福神漬みたいな感じで。それくらいモノとしてハマる。
どの機能にしたって、これまで他のマシンでだって実現できた。実際ネットブックやウルトラモバイルはそこらへんに山ほど転がっているんだけど(くくく…)、トータルコーディネートで一歩も二歩も先に行ってる感じ。
繰り返すけど、それなりに重いし、電子出版を期待していると肩透かしを食う。
オモチャとしても高いしな。
けど買ってソンはしないと思う。モノとして楽しいし、充実感がある。
いやあのね、高級電子地図帳としてだけでも十分だよ。居間でやってみるとわかる。
指でびよーんとグーグルマップ見てるだけで金払ったモトは取れる気がするね。
たとえるならQV-10。
あんまり役にたたなかったけど、いろいろ衝撃的だったカシオの歴史的デジカメ
当時の「あ、これ来る!」という感覚を覚えているヤツなら、思い出して購入を検討してみて欲しい。
これで新型iphone買って「すまん、あれは忘れてくれ」とか言ってたらゴメン。