Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

ドビソースの思い出

2010年09月29日


「包丁人味平」で「ドビソース」というのが出てくる。
俺の味じゃねえから捨てちゃうアレだ。あの「キッチンブルドッグ」に行ってみたかったもんだ。
ちなみに、オレの家では「ドミグラスソース」だった。今は「デミグラス」が一般的だろうか。
(調べてみたら、本来の発音からすると「ド」の方が近いらしい、「メリケン」みたいなもんか)
昔の洋食の味ったらこれだった。
かれこれ30数年前に食ったハンバーグ、埼玉県のグリル鶴ヶ岡。カリカリのベーコンを鉄串で巻き付け、熱い鉄板の上で濃褐色のドミグラスソースのたっぷりかかった味が未だに忘れられない。
付け合わせはケチャップ真っ赤のスパゲティにポテトフライにさやいんげん。
大人になってみたら本格的なフレンチやイタリアンが主流になって、あの洋食の味はすっかりなくなっていることに気づいて愕然とした。
もちろん精養軒とか煉瓦亭とか、まあ一通りは行ったよ。
でもあれはインドの原始仏教を訪ねるみたいなもんで、オレが食べてきた通俗的葬式仏教的な洋食とは微妙に異なるモノだ。どうもガチに過ぎる。
最近出てきた擬レトロ洋食屋みたいなのは、もっとピンとこない。なんなんだろあのビンボ臭さ。
洋食ったら、やっぱり「ニッポンの普通なごちそう」だろう。
なので、街で古びた洋食屋をみかけるとついつい入ってしまう。
高度成長とバブルの間、いっとき存在した宙ぶらりんな時代の、あのドミグラスの味を探し求めるのだ。
でも、これがなかなかストライクがないのな。
ガチでもヤオでもない、「ニッポンの普通なごちそう」というのが、もはやめったにない。
そんな中で久々のヒットはこちら。自転車で偶然通りかかった三軒茶屋の「アレックス」
濃くて苦甘ーいドミグラス!バターたっぷりで重厚なスパゲティもスバリ!これだ!
うまい洋食屋は他にも山ほどあるだろうけど、我が心のドミグラスはこの味だ!
見返したらストライクを求めてヒットを見つけてるけど気にすんな。