Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

ジョニー・ユーマの謎

2010年12月30日

世代的に外れるのだけど、マカロニウェスタンが好きだ。
サントラのベスト盤とか聞きながらだと仕事がはかどる。ついでに誰かの仇を討ちたくてしょうがない。仇いないけど。
おなじみモリコーネの曲は外せないが、一番好きなのは「Johnny Yuma」(邦題「皆殺し無頼」)だ。とにかくカッコいいから聞いてみそ。
(Youtubeで「皆殺し無頼」で検索すれば一発だ。いい時代になったものよ)
作曲家はノーラ・オーランディという女性。しかもえらい美人らしくて二度ビックリ。
ただ、こっから本題。これも検索するとわかるけど。「Johnny Yuma」というと、一般的にはアメリカのTVドラマ「Revel」の主人公のことらしいのな。主演がゴジラ映画でもおなじみのニック・アダムス。
これは日本でも「反逆児ジョニー・ユーマ」として放映されてたらしいけど、さすがに見てない。
主題歌もこっちのTVドラマのほうが、これまた有名らしい。なんか気の抜けたカントリーミュージックだけど。
これもyoutubeでついでに聞いてみるといい。
でも「皆殺し無頼」は、主人公の名前「Johnny Yuma」以外「反逆児ジョニー・ユーマ」と特に関係ないみたいなのな。たとえば黄飛鴻みたいな、実在する人気者なのかとも思ったけど、どうもよくわからない。
普通は三船敏郎の当たり役だけど、違う役者が出てきたとしても文句は言えない「用心棒」みたいな感じだろうか。
ついでに言うと、「皆殺し無頼」は、このせいもあるのか(?)権利関係がややこしいらしく、長らく見られなかった。
見られないうちにすっかり自分の中で血煙と恩讐にまみれた「オレ版Johnny Yuma」ができあがってしまい、実際見るとわりとあっさり目な内容に拍子抜けしたものだ。
でも一般的な評価はそれなりに高いので、一度見てみるといいかも。
これまたYoutubeで全編見られちゃうんだなあ。
どういう経緯かよくわからんけど、外国語を母国語にするロゼッタストーン様、どうもありがとう。