Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

MSX「吉田工務店」の思い出

2011年10月02日


かれこれ8年ほど前に本に書いたが、MSXには「吉田工務店」というイカしたツールがあった。
要するに「縦シューツクール」みたいなもんで、その後「吉田建設」「吉田コンツェルン」へと続いた傑作だった。どれも今見ると実にチャチなしろものだが(だって市販のゲームそのものがチャチだったから)、当時はこれが実に楽しく、果てしなくドットを打ったものだ。
発作的にそのデータが回収したくなって、あれこれやってみた。
実に20数年前の自作ドット絵である。
MSX(MSX2)はスプライトは弱かったけど、BGは強かったので、SCREEN5の512色中16色、256×212ドットの画面で、なかなかキレイな絵を描くことができた。それにしたって、吉田工務店で使えるのは見てのとおりの領域。これを死ぬ気でこねくり回し、組み合わせてマップを描くのである。
というわけで、上のパターンを見てもなんだかさっぱりわからんと思うが、これを組み合わせて作ったマップがこちら。

いっぱいある砲塔や機関砲は、領域コピーとかもないから全部手打ちだ。スプライトを別に乗っけて弾とか撃つのである。
死ぬほど面倒だと思うかもしれないが、実際面倒なんだが、これ楽しいぞお。
いい時代だったなあ。
吉田工務店については、YOUTUBEとかで検索すると、こんな風にいじくるまえのオリジナルゲーム動画も見られるので、よかったら見てみそ