Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

思い出の味「京都露庵菊乃井」

2011年12月04日


若い頃は懐石料理なんて馬鹿らしくてしょうがなかったが、ちょっと歳取ってくるとこれがいい感じ。トンカツもカレーも懐石も、好きに選べる日本はいい国ナリよ。
これは本店でなくて先斗町の支店。大して偉いわけでもないから、夜の接待とかでなく、自腹でランチだ。
ここ、というか京都全般、メシを食ってると愕然とさせられることが多い。
モノ自体は日常的にどこでも食ってる素材ばかりなのだが、そのハイデフ感に痺れる。
例えるなら、DVDで見慣れた古いアニメを、ブルーレイ画質で見比べた時みたいな感じ。
「味覚解像度」の違いに気付かされるのだ。
毛唐メシに金をかけると、ピーター・ジャクソンの映画みたいに、これ見よがしの凄さになるんだけど(自称ヌーベル・キュイジーヌとかでも)それとは方向性が正反対。
悔しいが文化レベルは関西のほうが上の気がする、ヤックデカルチャ