Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

再録日記 2010年1月28日「幸せとはなにか 」

2013年09月18日

幸せとはなにか
昔から今まで、ものすごーく多くの人が、ものすごーくいろんなことを言っているのだが、説明できそうな範囲で、できるだけ簡単に言ってみよう。
幸せとは、ものすごーく割り切った言い方をすると、脳の「ある状態だ」
脳は、いっつも自分の身の回りのものを見極めて、OKやダメを出してる。
熱くないか寒くないか、ハラ減ってないか眠くないか、寂しくないかカネはあるか、とかいろいろあるよな。
これがうまくできないと、生き物はすぐ死んじゃうからな。
ここでものすごーく割りきって言い切るけど、要するにこのOKがいっぱい出てる状態というのが「幸せ」だ。
どこに、どれくらいの割合でOKが出れば幸せかは人それぞれだ。
ただ、ここでひとつ問題があって、脳はとにかく動いてる限りはずーっとダメ出しを止めないんだな。それが仕事だから。
つまり、どんなにOKいっぱいな状態になっても、必ずさらにそこからダメを出すわけだ。
つーことは、幸せに「なる」ことはできるけど、幸せで「あり続ける」ことは生き物の仕組み上、ムリということなんだ。
納得いかないよな。ずっと幸せでいたいよな。どうにかできないかと思うよな。
これが、昔から世界中の人達が「幸せとはなにか」ということをあーだこーだ考え続け、言い続けてる理由だ。
「幸せでありつづける方法」みたいなことを教えてくれる、もっともらしい方法が山ほどあるけど、あれは基本的に全部うそっぱちだ。
「幸せであり続ける」というのは、「ダメ出しができなくなっている」ことと同じだから、生き物としてヤバすぎる状態だからだ。
逆に、わざわざそういうヤバい状態にした人間から絞り尽くすことを目的にした「幸せであり続ける方法」も山ほどあるしな。
「だから、ささやかな幸せで満足しよう」なんて説教を垂れる気はない。
オレだって到底満足できないし、自分の好きなようにやったらいい。
ただ、こういう「幸せの仕組み」みたいなものを、自分なりに整理しとくのはソンにならないと思うぜ。