Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

鼻ガンダム

2010年09月14日


ガンダムには鼻がない。
元祖ヒーローロボットである鉄人28号は尖った大きな鼻がデザイン上のアクセントだったのに。
いや、だからこそと言うべきか、ガンダムに鼻がないのは、鉄人28号のようなマンガチックなロボットから脱却しようとする意図のあらわれであったのだ。
以来30年。いわゆるリアルロボットには鼻がなくなってしまった。
ボトムズにもエヴァンゲリオンにも鼻はない。エヴァなんて歯まで生えてるんだから鼻もあってよさそうなもんだけど。
それにしても、毎年のように新型が発表されて、マンダラとかネーデルとかヒゲとか、およそあらゆるネタを試し尽くしたように見えるガンダムが、未だに鼻には手を出してないのがフシギだ。
リアリティ云々を言うのであれば、レーダーが使えないミノフスキー粒子下で、宇宙空間に放散されたごく微量の分子をもとに索敵を行う、一種の「メカ嗅覚」が発達していってもおかしくはなかろう。
なんたって、もっとオカルト全開なサイコミュを実現させちゃう世界なんだから。
というわけで、今こそ「鼻ガンダム」にチャレンジすべきではないだろうか。
「この匂い…シャアか!」
「匂う、私にも匂うぞ!」
「一機のザクは通常の三倍のスピードで匂っています!」
みたいな。
いや、やっぱそんなガンダム嫌だ。乗りたくねえ。