Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

安彦良和の軟弱

2010年11月24日

安彦良和がいまいちオリジナルアニメ作品でブレイクできなかったのは、あの独特の「軟弱さ」が受け入れられなかったからではあるまいか。
リアルタイムで付き合ってた身としては、アリオンもジョウもヴィナス戦記も、終盤のムダにベタベタした感じがもう見てらんない。背中が痒くなってくる。
石森章太郎、永島慎二あたりから真崎守とか坂口尚とかもう連綿と続く、あの高度成長期の副産物的軟弱さを、もう義務のように見せつけてくるのな。
いや、それがあそこらへんの世代に特有の、いわばトンカツにソースみたいな欠かせない一大テーマだったというのはわかってるんだ。
世の中辛くて悲しいけど、たとえ死んでもぼくは歌い続けるラララみたいなの。
ただ、大抵の作家は石油ショックのあたりでそげな金にならないテーマは捨てて、生きてくためにより時代に迎合した芸風に染まらずにいられなかったんだけど、安彦良和の場合は幸か不幸かめちゃんこ絵が上手すぎたのな。だから捨てずに持って来れたという。だから言われてそのまま出しちゃったという。
あと不幸だったのは、宮崎駿がその真っ赤っ赤な思想を、さらに時代遅れなテーマを、「エコロジー」という最新流行な調味料でうまく味付けできたのに対して、安彦良和の軟弱は不幸にもそういう時代の調味料に恵まれなかったことだ。
バブルが崩壊して出てきた、あの神経症的なエヴァンゲリオンですら「逃げちゃダメだ」とか言ってるんだから、そりゃ「歌い続けるよラララ」にいまさら出番はない。
けど、そんな安彦良和は今やまさかのガンダムマンガ化で大復活。
相変わらずめちゃんこ上手すぎるあの絵でガンダムがもういっぺん見られるんだからそりゃそうだろう。
ミライさんとかミハルとかもうたまらん。
ラストスパートぜひ頑張って欲しい。
大魔界村とかマクセル乾電池の頃は他人事ながらどうしようかと思ったけど、もはや安彦良和の国家安康は保証されたようなものだろう。
オレはそんな今だからこそ、変わらぬ「安彦の軟弱」に密かに期待している。
微妙にオリジナル要素を加えつつあるあの安彦ガンダム漫画が、ドタンバのドタンバで20年ぶりの大軟弱大会と化すことを。
ラストシューティングしないで帰っちゃうアムロとか、シャアの愁嘆場とか、下半身が馬になるセイラさんとか、見てみたいとは思わんかね。
いや、馬は関係ないか。

同じカテゴリー(マンガ・アニメ)の記事画像
UMDビデオの追憶
UFOの齟齬
浜田よしかづのコミスタ漫画の作業工程
同じカテゴリー(マンガ・アニメ)の記事
 UMDビデオの追憶 (2012-01-30 00:45)
 ディズニーリメイク版「トトロ」の可能性 (2011-08-25 01:11)
 UFOの齟齬 (2011-02-15 10:48)
 バキ対ピクル戦 (2010-08-19 00:00)
 楠みちはるの魅力 (2010-05-30 00:00)
 島耕作ロードマップ (2010-04-14 00:00)