Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

ガノタ死すべし

2008年06月29日

以前はそれほどでもなかったのだが、「ガノタ」というのが好きになれない。
というか嫌いだ。死ねと思う。
これがなぜかしらと考えて、さっき思いついた。
方向性こそ逆だが、奴らにはサブカルと同じ臭いがするからだ。
ちょっとしたマイノリティを気取りつつ、ちゃっかりマジョリティにすり寄ろうとする奴らの臭いだ。
「オレってちょっと違ってる、わかってる」と気取りつつも、それがガンダムあたりでないと安心できないのだ。
薄く、浅く、生ヌルい。
若い人間ならまだわかるが、結構年のいったガノタに聞きたい。
おまえらいったい、人生の中でいつそんなにガンダムが好きだったんだ。
山ほど見てきた当時のオタク文化の中で、わざわざガンダムが一番好きだったか?
胸に手を当てて考えてみろ。85年や90年にもちゃんと好きだったか?
そうじゃないだろう。
本当にずっと好きだったら、今のガノタの輪になんかに、恥ずかしくてとても加われないはずだ。



この記事へのコメント
初めまして、いつも日記を拝見しております。
ところで、僕も「ガノタ」というものに違和感を感じております。
特に30代デビュー的に「ガノタ」になった人なんてのが苦手ですね、個人の原体験だとかトラウマとかが見えないオタ趣味って見てて辛いものがあります。
例えるなら、シャーザク携帯を買った話より、昨日夜店のくじ屋で1/60ドムを当てた夢見たんで朝一でドム買ってきました話の方を聞きたいわけです
Posted by zentaroh at 2008年06月30日 13:01
いつも楽しくゲーサイの連載を見させてもらっております。
『ガノタ』ですが、2chのシャア板がまだ分かれていないころ、言葉が生まれた瞬間に立ち会った身としては、どこかのガンダムオタクがキーボードの打ち間違いでガンオタ→gannota→ganota→ガノタとなって、面白いからみんなで使っちゃえって言うのが最初だった気がしています。
こうやってガンダムファン全体を指し、ゾルゲさんにはサブカルクセェと言われる言葉にまできたのかと思うと、言葉ってモノは成長するなぁ、と思います。
言葉って言うものはこうやって根付いて、いろいろな人にいろいろな意味で解釈されていくんだな、と面白く思っています。
Posted by 鉢植え夢幻 at 2008年07月01日 21:31
コメントありがとうございます。
本当はガノタという言葉も使いたくなかったのですが、「ガンダムオタク」にはまだマシな人もいるのでこのように書いてみました。
だいたいオタクをキャラ付けに使ってる人にロクなのはいませんな。
こんな名前のブログサイトでなんですが。
Posted by ゾルゲ市蔵ゾルゲ市蔵 at 2008年07月02日 23:57