Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

「8bit年代記 STAGE02」FUNDIY様にてクラウドファンディング開始しました。

2014年09月08日



最近はTwitterの方に軸足を移して放置気味だったここのブログですがこんにちは。

タイトルにもありますように「8bit年代記 STAGE02」について、9/8よりFUNDIY様にてクラウドファンディング開始しました。

もともとは「まんが王国」様より、旧作の配信の話を頂いていたのですが、こちらのグループ会社がクラウドファンディングもされておりましたので、ありがたくも別のお声がけをいただきまして、話し合いの末、ここまで至った次第です。

(ですから、クラウドファンディングの期間中に旧作
「超ゲーム少女ユーゲ 超々ゲーム少女ユーゲ」
「横綱大社長」
につきましても「まんが王国」様より順次配信を開始させていただく予定です。別途告知いたしますので、どうかご期待ください)

「8bit年代記」につきましては、日本におけるゲームの歴史を個人の視点から描いた内容でありまして、珍しくマジメに描いていたので思い入れのあるマンガとなります。
マンガとしてはあまりにマニアックに過ぎ、ゲーム系の記事としてはページを食い過ぎるので、掲載誌「ゲームサイド」の休刊以降はなかなか機会がなく、いつか続きを描けたら…という思いはずっとありました。
今回FUNDIY様に「何か企画ないですか」というお話を頂いた時に、あれこれ考えて
「クラウドファンディングなら、母体となる雑誌がなくてもマンガの連載ができるんじゃないか?」というアイディアに思い至り、とりあえず3〜4回分を第二期として提案させて頂きました。
なので、もしもそこそこ反響があれば、一回に限らず三期、四期と末永く続けていきたいと考えています。
これは日本のマンガに特化されていたFUNDIY様ならではの企画と思います。いろんなワガママにお付き合いをいただきましてありがとうございました。

つい先日「ハイスコアガール」(傑作! 早期再開を望む!)の件がありましたように、ゲームを題材としたマンガは権利的にも難しい部分も出てきたのですが、ここはコソコソせず胸を張り、関係各社様にその都度きちんとお話をさせていただきつつ、地道にひとつひとつクリアしていきたいと思います。
ついにPCエンジンやメガドライブが登場し、同時にゲーム開発事始めも迎える
「8bit年代記 STAGE02」
応援いただけますと幸いです。
また今回はゲームマンガ「8bit年代記」ならではの特典として、マンガだけでなく、作中のゲームも実際に遊べる形でご提供という特典もありますのでよかったらリンク先を御覧ください。クラウドファンディングの集まり具合によって、ロンの「ダウンカー」とか、「吉田工務店」で作ってた自作ゲームの復刻とか、MZ-700やMSX2準拠で3割増しくらいのデキで作る予定だよ。

今年は他にもいろいろ仕込んでみたので、どうかよろしくお願いいたします。

同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
偉大なるドイツ3B
ゲーム人(にん)
ゲームコントローラの終焉
デジカメ型ミニテトリン「デジム」
今こそDSバカ周辺機器「BLAZE」
MSX「吉田工務店」の思い出
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 偉大なるドイツ3B (2013-10-15 08:37)
 ゲーム人(にん) (2013-07-25 22:19)
 フロントライン The Next Mission (ゲームボーイカラー) (2013-06-25 12:57)
 ゲームコントローラの終焉 (2012-02-27 00:57)
 デジカメ型ミニテトリン「デジム」 (2011-10-21 00:00)
 今こそDSバカ周辺機器「BLAZE」 (2011-10-14 00:00)