Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

勝ち馬

2008年09月17日

多分ヘソ曲がりなんだろうけど、勝ち馬に乗るのがイヤだ。
いや、乗れればもちろん乗りたいんだけど、乗りたいからいろいろ算段もするんだけど、そんでも結局乗れなかった言い訳なんだろうけど、いずれいざ乗る段になってみると、そんな自分をどこかみっともなく感じてしまって、躊躇してしまうのだ。
もちろん、たいてい横から蹴落とされる。
馬の方から振り落とされることも多くある。いずれ自業自得なのだ。
蹴落とされて、かえってサッパリする…かというとそんなことはない。
最初から毅然として乗らないとかもできない。みっともない話だ。
というか勝ち馬は、そもそもこういう人間を拒むのだろう。
せめて乗ってった人が幸せになればいいと思う。

ora orade shitori egumo




この記事へのコメント
あららら、ゾルゲさんらしからぬ発言…のように、わたしは感じました。

わたしも、勝ち馬に乗れたことなんかないんだけど、ていうか、馬小屋にさえもたどり着けてないんじゃね?なんて思うと涙が出ちゃうんですが、そうしたら、ゾルゲさんはいつも慰め、励ましてくれたように思います。10年先、30年先、100年先の話をしてくれたように思います。

そうして、やりたいことをやるのがいちばん…って言ってくれたキオクがあるのです。
Posted by ダリア at 2008年09月17日 20:11
何ていうかお笑いの人を見てると勝ち馬に乗ることの難しさを痛感しますね
Posted by 悪い土悪い土 at 2008年09月18日 01:29
>乗れればもちろん乗りたいんだけど

と、ありますが…
勝ち馬に乗るのがイヤだとは言うものの、
少しでも乗りたいと思うんですよね?
勝ちたいと思うんですよね?

乗る事により発生する苦労が嫌なんですか?
実にゾルゲさんらしくないですね。
蹴落とされないように手綱をしっかり握ればいいんじゃないんですか?
馬と心を通い合わせ、
シンクロ出来るよう何度も挑戦すればいいんじゃないのですか?
苦労無しに「勝つ」事できませんよ。

いや、偉そうな事言ってしまいましたが、
色々問題もあってゾルゲさん心身共にまいってる様に見えたもので…

前向きに頑張って欲しいんですよ。
大きく深呼吸してみて下さい。
Posted by ちんぷい at 2008年09月18日 15:20
歩いて行けば良いじゃないですか、悩みながらも
目的地がどこか、それが本当にあるかを、感じ始めたら急げばいいじゃないですか
人間流されるときは流されるし、向こうから知らん内に来ることもあるじゃないですか

少なくとも悩んでる方が私はかっこいいと思います。
Posted by アフリカのグラナダ神 at 2008年09月18日 20:19
業種は違えどなんとなく解るものがあります。
勝ち馬に乗った瞬間に自分が自分でなくなるような気がしてたまらなくなります。

でも、そんな乗れなかった勝ち馬の鼻先に全力投球で石をぶつけるゾルゲ先生の芸風が私は好きです。
Posted by ジーヴス at 2008年09月19日 00:33
勝ち馬の「勝って当然」というプレッシャーの中でお仕事をするよりも、だれも注目していなかった馬が躍り出て、大穴の大勝利…!!
というのもかっこいいと思いますよ!

どちらにしても、ゾルゲール先生のお仕事が、思うまま順調にいくよう願っております!
Posted by 一ファン at 2008年09月19日 01:00
その勝ち馬が「どこまで走り続けることができるか」のほうが重要な気がします。
Posted by GLaDOS at 2008年09月20日 23:48