Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

艦長ホレーショ

2010年01月27日

ホーンブロワーシリーズが好きで、学生の頃買った文庫本を今でもたまに読み返す。
ナポレオン時代の英国海軍の話ね。
いま何周目かのブーム到来中。
最初に読み始めたのは、たぶん原作ナウシカの影響。
ナウシカで航空機を船のように扱う、その原点もこのシリーズにあるように思う。
(コルベット、ブリッグ、バムケッチとかな)
読んでると帆船というのが、一見優雅で素朴なものにみえて、実は当時の最先端技術の結晶だったことがよくわかる。
運用方法とか戦略とか、限られたリソースを活かし尽くした創意工夫、計算の巧みさにビビる。
最近はTVシリーズになってるそうだが、以前から見たかったのは51年版の「艦長ホレーショ」
レンタルには置いてないし、中身のデキがわからないまま、いきなりDVD買うにはちょと高いので躊躇していたのだが、なんとあっさりYOUTUBEにあった。
http://www.youtube.com/watch?v=gWc4EQ6arew
そろそろ60年になるからフリー扱いなんだろうか。ありがたや。
グレゴリー・ペックは美男で長身なので、ちょっとホーンブロワーには立派過ぎる感じ(ブッシュより背が高いのだ)
でもホーンブロワーがいっつも散歩してる甲板の狭さとか、およそ機能性から程遠いんだけど立場上着ないわけにはいかない軍服の大変さとかがよくわかった。
エル・スプレモは、もうちょっとポル・ポトみたいなのを想像してたけど、ここらへんは南米系のタイプキャストだろうなあ。
よかったら話のタネに見てちょんまげ。
(副読本にオススメなのは「大帆船—輪切り図鑑」)