Information
オタクの電脳
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ

フロントライン The Next Mission (ゲームボーイカラー)

2013年06月25日

たまにはゲームの話題を。
以前に購入したフロントライン・ネクストミッションを発作的にプレイして、最終面をようやっとクリアしたので記念。
これは大昔のタイトーのアーケードだけど、どっちかというとファミコン版が有名だろう。
戦場で真っ赤なヘルメットかぶって、ピストル一丁で単身ピコピコピコと突撃する狂気の痛快アクションゲームだ。
全体的に学芸会の演し物みたいなチープな雰囲気が楽しく、ダンボール製にしか見えない戦車に乗って敵兵を轢殺するのが地味に楽しかった。同種のヒット作「戦場の狼」の源流とも言えるかもしんない。
これはその続編にあたる内容(開発アルトロン)で、どこかチープな印象はそのままに、真っ赤なヘルメットでピコピコピコなどの発狂要素はうまくミリタリーテイストに昇華(ドット絵が地味に出来がいい)ゲーム的にも「戦場の狼」っぽく洗練されており、腰が軽いというか、大変肩のこらない印象。
装甲車、戦車などの要素はそのまま残されているので、単身敵陣に飛び込む逆境から、一発逆転、敵兵轢き殺し放題という「戦場の狼パワーアップ版」のように遊べるのがオトクで楽しい。今回はボートもあるよ。あんまり役に立ってないけど。
全四面の各二部構成なので、まあ全8面程度のボリュームながら、ステージごとに「捕虜救出」とか「要塞爆破」とかの簡単なプレイ目標が設定されており(しかもやることは結局皆殺しオンリー、脳細胞は3つくらい使えば十分で最高!)ヘリが迎えに来たり、友軍と脱出したりと、細かな演出が施され、プレイして飽きない。
最終面の要塞がムチャムチャ強くて往生したが、奥の砲台が炸裂弾を撃ってくる(ちょっとわかりづらい)ことに気づけばなんとかなるかも。
いかにも「ゲームボーイのゲーム」という、コンパクトにまとまった佳作なので、そんなに見かけないかもしれないが、多分そんなに高くもないので、見つけたら買いだと思う。


 ミニマム文具、ミニマム工具

2013年05月12日


 以前にも書いたが、文具や工具のミニマムな環境について、ずーっとずーっとああでもないこうでもないと無駄な時間を費やしている。
 かっこいい手帳やペン、マルチツールなどはいくらでもあるが、いつも持ち歩くかったら持ち歩かないし、「いつでもどこでも」がこういう装備の本質だと思うし、かといってそんなもの1グラムでも重いのはジャマでイヤなのだ。
 最近一年ほど落ち着いているパターンはこれだ。
①True UtilityのTelePen
②SWISS+TECHのUtili-Key
③PQIのフック型USBメモリ
④伊東屋のカードメモ

 この四つは、外出するときは必ず身に着けている。①〜③はKEY-BAKにぶら下げ、カードメモは財布に入れてある。
①True UtilityのTelePen
 ペンには一番こだわったのだが、あれこれ試してビヨーンと伸びて持ちやすく、ベルトから長時間ぶら下げても、抜けて紛失したり、暴発して汚れたりしないTelepenに落ち着いた。
 肝心のボールペンとしての性能がイマイチなので、中身の国産の軸(赤)に変更してある。できれば径の合う物が出るのにあわせてフリクションに差し替えたいところ。
 赤なのがミソで、署名に黒ペンが必要なシチュエーションでは、わりと必ずペンがその場にあるのな。むしろマーキング&メモ用となると赤のほうが視認性がよくて助かるのだ。
②SWISS+TECHのUtili-Key
 ナイフ、ノコギリ、+-ドライバー、栓抜き(笑)結局一番軽く、必要十分なのはこれだ。
 つーか、やっぱり鍵みたいな外見からジャキっとトランスフォームするのが最高なわけよ。
 ナイフは切れ味イマイチだけど、用途のほとんどはブリスターの開封とかなのでこれで我慢する。
 一応次点として無印の小型ナイフ、豆肥後守あたりをオススメする。
③USBメモリは必需品だけど、小物としては致命的なデザインのが多いので、常にあれこれ漁っている。
 こないだまで売ってたこれが、実用性とデザインのバランスがよくてお気に入り。アルミ製で無駄にカッコいいぜ。
④これも同様のミニノートは山ほどあるんだが、伊東屋のものは作りが頑丈で、ずっと財布に入れておいてもボロボロにならない。
 ページごとに切り取れるので、メモ書きには最高だ。

とりあえずこの四つを身につけておけば、まあ出先での大抵の事態はクリアできる。
この上位バージョンとして、ミニマム画材、ミニマム文章作業、ミニマムPC作業というのもあるので、そのうち紹介しよう(いらねえよ)


回転対称の魅力

2013年04月18日

愛用している「猫ペイント」には回転対称描画機能というけったいなものがあって、あんまり役にはたってないけど最高だ。
特に回転を3とか5とかの奇数回にすると、エッシャーみたいな魔術的妖しさが醸しだされてもうフヒヒヒ。
結局ゲルニカのジャケットとか以外、どこにも使えないような絵になるんだけど、興味ある人は試してみそ。